[hankyou] of [ kapiw-apappoHP]

反響

「アイヌの唄がこんなに美しく、切ないものだとは
知らなかった。感動した。姉妹の心が響きあうシーンが
良かったです。歌えば歌うほど響き合い、すごいと感じました」。

「とてもきれいな歌で、ずーっと耳に残っています。
音楽を通して、アイヌのことを調べてみようと思いました。
観て良かったです」。

「登場する音楽プロデューサーの人が言っていた
“歌の原点”を感じた気がする。人は何で歌うんだろう、
歌って何だろうって、改めて思っています。それにしても、
魅力的な姉妹だったなー。お姉さんのかわいさ。
妹さんのちょっとすねちゃう感じ。
とにもかくにも、最後のライブの歌のすばらしさ! 
むりやりドラマティックに演出されてなくて、
でも当日までの日々が、もちろん歌を引き立ててて、
良かったな~」。

「それぞれ違う姉妹の中に自分を見るようでした。
後半妹の方が力強く開いていく様子が、とても印象的でした。
ムックリの演奏を初めて聴いたのですが、美しかったです。
唄もどこか、元いたところに帰っていくような、
子守唄のようでした」。

「歌、口琴、彼女たち、彼女たちの家族、生き方、素敵でした」。

「最後の歌の歌詞が、お姉さんの境遇とリンクしていました。
すばらしい歌でした」。

「今のアイヌの家族がこんなふうに暮らしているんだ、
と私たち土佐人が暮らしているのと同じだなと思いました」。

「おにぎり交換、スキー場での二人の姿が良かった。
印象的なシーンでした。音楽がじっくり聴けて良かったです」。

「二人のすばらしいリズムと声にやられました」。

「アイヌの人たちの歌・演奏はともて美しく感動しました」。

「まさにドラマと歌! 若いっていいな~、
家族ってすばらしいな~。いい映画でした。ありがとう!」。

「特別な生活ではなく、普通の生活の中での音。
始めの方からじわじわと気持ちが高まり、
最後の歌では、なんともこみ上げてくる感動がありました」。

「人は唄うように生まれた。自然に唄いだす二人が
ともてよかったです。感謝」。

「歌がとても良かったです。とてもやさしい、ハモル音の
感じもいい。言葉(発音)の感じ、手拍子、歌詞自体も
すごくいいと思いました。心象風景、自然を観察して
自分の心を気持ちにのせる。複雑でなく、素直な人間の言葉。
二人でライブをできること、ハーモニーが生まれること。
二人だったから、ますます良かった」。
「北海道の両親と姉のことが思い出されて、
泣きそうになりました。淡々とそのままの人間の姿を
映してくださって、ありがとうございました」。

<以上、高知ゴトゴトシネマ上映会でのアンケートより>